2009年03月15日

第36回耳の日フェスティバル

第36回耳の日フェスティバル 毎年春先の恒例行事である耳の日フェスティバルが今年も開催されました。
 岐阜県聴覚障害者協会が主催するこのイベントは毎年県下各地域の持ち回りで開催され、36回目の今回は郡上市八幡で行われました。
 今回のアトラクションは早瀬憲太郎氏久美氏御夫妻の講演「ろう者としての誇り」でした。
 NHK教育テレビ『みんなの手話』の講師としても活躍中の憲太郎氏と、ろう者として初めて薬剤師の資格を取得した久美氏のお話は、御夫婦ということもあって息もぴったりでとても面白く、講演というよりはトークショーといった趣で、時の経つのを忘れるほどでした。
 この他、各種模擬店・書籍販売・手話教室・抽選会等が行われ、盛況のうちに幕を閉じました。
 来年の耳の日フェスティバルは各務原市で開催予定です。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☀| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

平成20年度ボランティア交流会

 平成20年度のボランティア交流会が今日健康福祉会館で開かれました。
 かやの実会からの4名をはじめ中津川市内で活動する様々なボランティア団体の会員50余名が出席しました。
 今回は例年のグループに分かれての意見交換の他、『中山道かたりべの会』会長で恵那市で観光ガイドボランティアをされている西尾重人氏の講演や、『劇車 銀河鐵道』のいちかわあつき氏によるひとりがたり『ふたり紋十』『雨ニモ負ケズ』の口演もあるなど盛りだくさんの内容でした。
 グループ毎の意見発表で「誰かのためにボランティア活動をしようとする時、逆にその相手から教えられたり助けられたりすることもある」「人のためのボランティア活動で自分も成長出来る」という意見が出されました。
 「情けは人のためならず」―これはボランティア活動にも当てはまることの様に思います。
 なかなか有意義な交流会でした。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☔| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

第3回中津川⇔飯田対外交流会

第3回中津川⇔飯田対外交流会 かやの実会は中津川市福岡の手話サークル『すみれの会』と共に、一昨年から長野県飯田市の飯田手話サークルと定期的に交流会を行っています。
 3回目の今回は飯田の皆さんを中津川にお招きし、すみれの会の地元・福岡で開催しました。
 午前の部は防災に関する意見交換会
 過去2回の交流会は娯楽中心の内容でしたが、今回初めてこういった意見交換の場を設けました。
 飯田・中津川ともに東海地震の防災対策強化地域に指定されているということで、聴覚障害者の防災対策や、災害時に飯田・中津川両地域で連携することが出来ないか等について話し合いました。
 難しいテーマでしたが有意義な意見交換が出来たのではないかと思います。
 午後は近くのオートキャンプ場に場所を移してバーベキュー会を行いました。
 あいにく雨模様のお天気となりましたが、バーベキュー場は屋根付きなので雨でも安心です。
 地元で親しまれている“ケイチャン”と呼ばれる味付け鶏肉を初め、肉や野菜やソーセージや焼そば等、食べきれないほどの食材に、皆さん満足して頂けた様です。
 最後に、参加者全員に色紙への寄せ書きをしてもらいました。色紙は2枚書いてもらい、うち1枚を飯田の皆さんにお贈りしました。
 飯田手話サークル、及び飯伊聴覚障害者協会の皆さん、どうもありがとうございました。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☔| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

平成20年度健康福祉まつり・第22回中津川市社会福祉大会

健康福祉まつり開会式の様子 毎年秋の初めの恒例行事となっている『健康福祉まつり』が今年も東美濃ふれあいセンターで行われました。
 朝9時から開会式が行われ、かやの実会も手話通訳派遣という形で協力させて頂きました。
 また、会場内ではかやの実会のブースを設置して、「手話体験コーナー」を開設しました。
 今年の手話体験コーナーでは挨拶や自己紹介(名前の表し方等)とともに、防災マニュアル作成に関連した企画として、3月の中央公民館まつりでも採り上げた、災害時に役に立ちそうな手話表現を載せた資料を配付して手話を体験してもらいました。
 また、『世界に一つだけの花』『涙そうそう』『大きな古時計』等の音楽に合わせて手話コーラスを披露するデモンストレーションも行いました。
健康福祉まつり手話体験コーナーの様子 手話コーラスは小さなお子さんの反応も良く、わずかながらでも手話に関心を持って頂けた方もいらっしゃったのではないかと思います。
 当日手話体験コーナーに足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。
 それからブースでお手伝いをして下さった福岡の手話サークル『すみれの会』の皆さんと高校生ボランティアの方、御協力ありがとうございました。

 一方、10時からは『第22回中津川市社会福祉大会』が開催され、福祉功労者への表彰や映画上映が行われました。
 かやの実会はこの式典でも手話通訳として協力させて頂きました。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☀| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

第55回岐阜県聴覚障害者大会

 今日、第55回岐阜県聴覚障害者大会が岐阜市文化センターで開かれ、かやの実会からも10余名が出席しました。
 開会式に続いて表彰式が行われ、「聴覚障害者防災マニュアル」「聴覚障害者支援マニュアル」の作成に取り組んだ中津川聴覚障害者協会「優秀団体表彰」を受けました。
 この後、『日本ろう劇団』の女優・山本みどりさんと岐阜ろう劇団『いぶき』の河合依子さんによるトークショーや、『手話文化村』の米内山(よないやま)明宏氏とデフパフォーマー・砂田アトム氏の2人芝居等の楽しいアトラクションが催され、盛況のうちに大会は終了しました。
 来年の大会は高山市で開催されます。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☁| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

平成19年度ボランティア交流会

平成19年度ボランティア交流会 今日は中津川市健康福祉会館の4F多目的ホールで、平成19年度ボランティア交流会が行われました。
 中津川市内で活動するボランティア団体の代表者が一同に会し、活動の現状報告をしたり、分科会に分かれてボランティア活動を続けていく上での課題について意見を交換したりしました。
 かやの実会からも4名が出席しましたが、なかなか有意義な議論が出来た様に思います。
 各サークルともそれぞれに難しい課題を抱えながら活動を続けてきている訳で、こうした課題は一朝一夕に解決出来るものではありませんが、今日の議論の中で出された数々の意見が、今後の状況改善の一助となることを願って止みません。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☁| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

第35回耳の日フェスティバル

 岐阜県の聴覚障害者にとって春先の一大イベントである『耳の日フェスティバル』が今年も盛大に開催され、かやの実会の会員も出掛けました。
 『耳の日フェスティバル』は岐阜県聴覚障害者協会の主催で毎年この時期に県下各地域の持ち回りで開催されるもので、35回目の今年は瑞浪市で行われました。
 午前中は会場の瑞浪市総合文化センター前に聴覚障害者協会の各地域支部による模擬店が立ち並び、うどん・おでん・五平餅・からすみ(米の粉を使った中津川銘菓)・コーヒー・フランクフルト・ぜんざい等が安価で売られていました。
 午後からは会場のホールでアトラクションが行われ、前半は小椋武夫氏(前・世界ろう連盟アジア太平洋地域事務局長)による講演「アジア太平洋地域のろう者問題と障害者権利条約」、後半は井崎哲也氏(トット基金日本ろう者劇団代表代行)のサインマイム「天使のタオル」が行われました。
 この他にも聴覚障害者による写真・絵画等の作品展示や手話教室等も開かれ、会場の一角では手話関連の書籍の販売も行われました。
 アトラクションの最後にはチケットの半券の通し番号を使っての抽選会が行われ、当選番号の発表に会場の参加者は一喜一憂していました。
 来年の『耳の日フェスティバル』は郡上市八幡で開催の予定です。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☔| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

介護シンポジウム

介護シンポジウムの手話通訳として参加しました。このシンポジウムは今年で第8回めになります。

プログラムの最初は山岡町の「劇団じぃばぁ」による寸劇でした。劇の手話通訳は初めての経験で、身体の向きや登場人物の人柄に合わせた手の動きなど、実際やってみて新しい課題をみつけ、とても勉強になりました。

劇の内容は「地域で支えあうこれからの高齢社会」のテーマにぴったりの劇で、山岡町の住民の皆さんのあたたかさが伝わり、また時折笑いありと大変楽しい劇でした。

講演をしてくださった行天先生のお話は、介護の実体験に基づいたお話で、普段は語られることの無い介護のきびしさをつきつけられるものでした。行天先生はお父様を106歳で看取られるのですが、下の世話、また、出入りするヘルパーさんとの関係の難しさ等々、介護の経験のないわたしでは、その緊縛した様子をどこまで伝えることができたのかと反省しています。

どちらにしろ、手話通訳としてもいい経験でしたし、お話の内容もとても重みがあって、こういう現場に立てたことは本当に良かったと思います。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☀| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

飯田手話サークルとの対外交流会

飯田手話サークルとの対外交流会の模様 今日は長野県飯田市にある飯田手話サークルとの交流会が行われました。
 飯田手話サークルとの交流会は昨秋に続いて今回が2回目で、前回は飯田手話サークルの皆さんを中津川へお招きしました。そして今回はかやの実会とすみれの会の会員計20名が飯田へおじゃましました。
 開会の挨拶に続いて午前中はゲームやグループに分かれての手話の寸劇発表が行われましたが、特に寸劇発表では名演怪演(?)が相次ぎ会場は大いに盛り上がりました。
 昼食を挟んで午後からはりんご狩りが行われました…と言いたいところですが、今日は台風20号の影響か、あいにく風雨が強く、野外でのんびりりんご狩りを行える状況ではありませんでした。そのため大半の人はりんご農園の
りんごをよく見て下さい人が予め収穫しておいてくれたりんごを試食したり買い求めたりしていました。そんな中、雨のりんご農園で撮影したのがこのりんごの写真です。よく御覧下さい。りんごの表面に“LOVE”という黒い文字や“I LOVE サイン”(人差し指と小指を立て、親指を横に突き出した形で、“I LOVE YOU”の意味を表すサインです)が描かれているのがおわかりでしょうか。実はこれはテープで、このテープを剥がすと、りんごの赤い皮に文字や“I LOVE サイン”が白く浮き出るのです。これは飯田手話サークルの方が、私たちのために事前にりんご農園に申し込んでおいてくれたもので、この“I LOVE サイン”&文字入りりんごは1個ずつプレゼントされました。この他にちっちゃな“姫りんご”もお土産にたくさん頂きました。
 その後土産物店へ立ち寄り、一通り買い物を済ませたところで、飯田の皆さんとはお別れとなりました。
 あいにく天候に恵まれなかったのは残念でしたが、我々一同、楽しい交流会のひと時を過ごすことが出来ました。
 飯田手話サークルの皆さん、本当にありがとうございました。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☔| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

第22回中津川市健康福祉まつり

中津川市健康福祉まつり(開会式手話通訳) 今日「第22回中津川市健康福祉まつり」「第31回歯の健康まつり」「第5回在宅介護支援センター福祉まつり」が同時開催されました。
 会場となった中津川市の東美濃ふれあいセンターでは、健康・福祉・ボランティアに関する様々な展示コーナーや体験コーナー、それに飲食物の模擬店等が設けられ、毎年たくさんの人で賑わっています。
 かやの実会はこの催しの開会式に手話通訳を派遣した他、会場の一角に「手話体験コーナー」を設け、来場者に指文字(あいうえお等を手の形で表すもの)や簡単な挨拶等の表し方を説明し、体験してもらいました。
 福岡の手話サークル『すみれの会』からも援軍が来てくれました。
中津川市健康福祉まつり(手話体験コーナー) 大人の来場者もさることながら、小さなお子さんたちの中にも手話に関心を持ってくれる子たちがいて、熱心に手話を練習してくれました。
 この様な催しを通して、1人でも多くの人に手話というものを知ってもらい、関心を持ってもらえればと考えています。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☀| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

高校生福祉クラブ(手話入門)

 8月18日(土曜日)、JR中津川駅前の『にぎわいプラザ』で、中津川市社会福祉協議会主催の「高校生福祉クラブ」が行われ、その中の「手話入門」でかやの実会の会員が手話を指導しました。
 今回は参加者に「挨拶+私は(氏名)です。○○高校の△年生です。よろしくお願い致します」という自己紹介を出来る様になってもらうことをねらいに進めていきました。
 90分間という限られた時間でしたが、10名の参加者は単語を覚えるのが早く、たくさんの単語を覚えてもらうことが出来ました。
 もう少し元気があるとよかったのですが、これを機会に少しでも手話に関心を持ってくれれば幸いです。
 今後は『サライ』等の歌を手話で表す練習等もやってみたいと思います。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☀| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする