2011年02月20日

第38回耳の日フェスティバル

第38回耳の日フェスティバル 春先の恒例行事である耳の日フェスティバル。38回目の今回は関市で開催されました。
 午前中は各聴覚障害者協会が出店する模擬店が会場前に立ち並び、来場者は焼そば・うどん・五平餅等々で腹ごしらえをしていました。また屋内では手話教室や手話関連出版物の即売等が行われました。
 午後は式典に続いて、NHK教育テレビ「手話ニュース」のキャスターとしても知られる小野広祐氏の講演「コレってアリですか? ろう者+聴者編 〜言語と文化〜」が行われました。
 また、来年岐阜県で開催が予定されている、第12回全国障害者スポーツ大会『ぎふ清流大会』のマスコット“ミナモ”が会場に現れ、「ミナモダンス」を披露して『ぎふ清流大会』をPRしました。

 来年の耳の日フェスティバルは、我が中津川市での開催です。たくさんの方々のお越しをお待ちしています。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☁| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする