2010年02月21日

第37回耳の日フェスティバル

 初春の恒例行事となっている耳の日フェスティバルが今年も盛大に開催されました。
第
37回耳の日フェスティバル 模擬店の模様 県内各地で持ち回り開催されているこの行事、37回目の今年は各務原市で行われました。
 午前中屋外では県下各地の聴覚障害者協会による模擬店が出店し、からすみ・五平餅・焼そば・フランクフルト等が販売されました。また屋内では手話教室・手話関連書籍の販売・アイドラゴン《目で聞くテレビ》やテレビ電話のデモンストレーション等のコーナーが開設されました。
 午後からは式典に続いて、デフマジシャンのミスターかわづ氏によるマジックショーや“月曜男”こと森ア興蔵氏の手話漫談といったアトラクションが行われ、最後は次回開催地への引き継ぎや福引抽選会で締めくくりました。
 来年の耳の日フェスティバルは関市で開催されます。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☔| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする