2009年09月26日

岐阜県ボランティアフェスティバル'09

 岐阜県下のボランティア団体やNPOの関係者が一堂に会する『岐阜県ボランティアフェスティバル'09』が中津川市の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホールで開催されました。
 午前中は開会式に続いて3つの団体の活動発表が行われ、この中でかやの実会も活動発表をさせて頂きました。
 かやの実会は、聴覚障害者と共に進めてきた『聴覚障害者防災マニュアル』及び『聴覚障害者支援マニュアル』の作成作業と、それに関連して取り組んできた様々な防災体制作りについて発表しました。

 私たちは聴覚障害者と共にプロジェクトチームを立ち上げ、マニュアル作成作業を進めてきた訳ですが、そもそもは聴覚障害者自身がマニュアルの必要性を感じて動き出したことがきっかけでした。
 この、聴覚障害者が自分たちで思い立ち、自分たちで考えてマニュアル作りに取り組んだというところにこそ、大きな意義があったのではないか…と私たちは考えています。
 私たちサークル会員はプロジェクトチームの一員として聴覚障害者のお手伝いをさせて頂いただけですが、作業を進めていく中で、聴覚障害者も、私たちサークル会員も、防災に対する意識が高まり、認識を深めることが出来た様に思います。
 健常者だけで、あるいは健常者主導でマニュアルを作って障害者に提供したところで、障害者自身が防災に対する高い意識を持っていなければ、せっかくのマニュアルも引き出しにしまわれて無用の長物となってしまうのではないでしょうか。
 まずは障害者と一緒に防災について考え、防災に対する意識を高めていくことが大切である様に思います。
 今回の活動発表は、私たちが取り組んできたマニュアル作りの意義を改めて再認識するいい機会となりました。
posted by かやの実会 at 00:00| 岐阜 ☔| サークル外行事・活動 | 更新情報をチェックする